Green Hill

WEBマーケティングマガジン

WEB Marketing Journal

GA4

2022.11.28

【2022年最新版】GA4とサーチコンソールの連携方法

今回はGA4とGoogleサーチコンソールの連携方法について紹介します。

すべてGA4上で簡単に設定ができるため、是非読み進めながら登録してみましょう!

Googleサーチコンソールとは

まずはGoogleサーチコンソールについて簡単にご紹介します。

サーチコンソールとは、Googleの検索結果でのサイト掲載順位を確認して、管理や改善のために役立てることができるGoogleの無料サービスです。

サーチコンソールに登録することで、どのような検索クエリでサイトが表示されて何回クリックされているか、Googleがサイトを検出してクロールできているかなどを把握できたり、インデックスの再登録リクエストをすることができます。

サーチコンソールは登録必須のツールではありませんが、サーチコンソールに登録することで自社サイトに対する認識や理解が深まり、改善に役立ちます。

GA4とサーチコンソールを連携するとできること

GA4とサーチコンソールを連携することで2つのレポートをGA4上で確認できるようになります。

1.「Googleオーガニック検索クエリ」

検索クエリごとのサイトの表示回数とクリック数、クリック率、平均掲載順位が確認できます。

GA4プロパティの既存レポートでは、自然検索からサイトへの訪問数やサイトに訪問したユーザーの数しか把握できませんでしたが、サーチコンソールと連携することでキーワードを軸にしたデータが把握できるようになります。

2.「Googleオーガニック検索トラフィック」

Google自然検索から流入があったページの表示回数やクリック数、クリック率、平均掲載順位が確認できます。
GA4だけでユーザーのサイト訪問前から訪問後の動きが一貫した分析が可能になります。

GA4とサーチコンソールの連携方法

それでは、GA4とサーチコンソールの連携方法について解説します。

手順1 GA4の管理画面を開く

管理(左下歯車)⇒プロパティ列の『Search Consoleリンク』をクリック

手順2 アカウントを選択する

リンクをクリック

手順3 連携内容を設定

画面の案内どおりに進めましょう。
①Search Consoleプロパティを選択
②ウェブストリームの選択
③内容を確認し送信
>選択したSearch Consoleプロパティとウェブストリームが表示されるので間違いないか確認して送信をクリック

手順4 連携できているか確認

Search Consoleと連携ができたら結果にリンク作成済みと表示されます。

以上で、GA4とサーチコンソールの連携は完了です。

GA4でサーチコンソールのデータを確認する方法

上記の手順で連携しただけではGA4のレポートメニューにサーチコンソールのレポートは表示されないため、設定が必要になります。

レポート⇒一番下のライブラリを選択

コレクション内のSearch Consoleを公開にする

『︙』をクリック⇒公開を選択

レポートメニューに「Search Console」が表示される

左のレポートメニュー内に『Search Console』が表示され、クエリとGoogleオーガニック検索レポートが確認できるようになります。

まとめ

以上、GA4とGoogleサーチコンソールの連携方法について解説しました。

サーチコンソールを登録することで、ユーザーはどのような検索ワードでサイトに辿り着いて、どのページをどれくらい閲覧しているのかなどを把握することでサイトに何が足りないかを認識し、改善を行うことに役立ちます。

簡単に設定できる上、一度登録したら自社のサイトの理解も深まるので、ぜひ登録してみましょう。

一度当社にご相談ください。

自社内でコンテンツ制作をするリソースがない、業者に依頼して確実に成果を出したい、ということであれば一度当社にご相談ください。

この記事を書いた人

カゲヤマ

・Contact
ホームページ制作の
お問い合わせ

オンラインでのご相談も随時承ります!

集客についておなやみの方、
ホームページ制作をお考えの方、
ご要件が定まっていない状態からでも、
お気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6626-9511

<